maintenance note - balius-

<< July 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

プラグ交換

  • -
  • by admin
  • 2005.06.26 Sunday 01:37
プラグ交換

バリの整備の中でももっともやりにくいと言われるプラグ交換。直四の宿命でもありますが。

一般的に交換サイクルは5000kmとか言われてますが、個人的にはもっと持つような気がします。またイリジウムプラグなら2万キロともいいます。どっちを選ぶかはお好みでどーぞ。それぞれ特徴があります。
必要なモノは
・車載のプラグレンチ
・14mmのメガネレンチ(板ラチェットレンチをオススメ)
・5mmの六角レンチ
・8mmのメガネレンチなど
・新品のプラグ(NGK:CR9E, CR9EIX , DENSO:U27ESR-N, IU27のどれか×4)


また説明の都合上,各プラグを左から順に1番2番3番4番といいます。
さらにエンジンが完全に冷えていることを確認してください。火傷します。


1.左右ラジエターカバーを外します。
ラジエカバー
赤丸のところのボルトを外します。一番上のボルトだけラジエタカバーの後ろにあり、緩めるだけでOK。右側も同様に。

2.まずはプラグキャップ周りの砂やゴミを落とします。
手や自転車の空気入れなで適当なモノでキレイにしておきます。コレをやらないとエンジン壊れますよーー

3.簡単な4番からいきます。
まずプラグキャップを外しましょう。コードを持つのではなくキャップ全体を持って引き上げること。もし手で上がらない場合は、プライヤーでキャップのくびれを挟んで持ち上げます。決してコードを引っ張らないこと。断線しますよ!写真のようにとれたらおいときます。
4番プラグキャップ

4.車載のプラグレンチを突っ込み、14mmのレンチで緩めましょう。
ある程度ゆるめば手でやった方が速いでしょう。
かなり回さないととれません。写真は7.参照。


5.とれたらプラグホールにふたをしておきましょう。
ゴミを入れないため。コレは各プラグを取った後、念のため、すべて行っておきましょう。オススメはウェスや布テープ。ガムテは汚くなるので×。

6.次は3番です。
ちょっと狭いがまだ楽です。4番と同様プラグキャップを外し、写真のようによけてからプラグレンチで緩めていきましょう。
3番キャップ

7.次は1番。
これまた狭くなります。ラジエターホースが真上を通っており邪魔ですが、多少なら凹むので手で押してやれば何とかなります。
あとは車載工具の折れ曲がる便利さを生かして入れてやります。キャップはこのように邪魔にならないようよけておきます。
1番キャップ1番いれかたプラグレンチまわし


8.最難関の2番です。
こいつが一番難しいです。真上にラジエターホース連結部があったりフレームが邪魔だったりで。。。
でもコツがあります。
頑張って手を入れてキャップを写真のような向きに外しておきます。それが一番楽にとれてかつ負担がかからないはずです。
2番よけ

でもって写真のようにフレームの隙間からプラグレンチを入れます。コレまた純正車載の強みを生かして折り曲げながら入れます。後は一緒。横から普通にレンチを入れて緩めてやれば何とかとれるはず。
2番いれかた


9.取ったプラグを順に並べてみましょう。
プラグ使用済
どの順番だったかきちんと覚えておくよーに。プラグの真ん中下の白めの円柱付近がすべて同じような色であれば問題ありません。どれか一つでも色が他と違っていれば、エンジンに何らかの問題があると思われます。が、詳細は省きます。
大体灰色のような色であればOKです。(昔はきつね色といいましたが、技術の進歩により現在のプラグは灰色が正しいらしいです。)



10.プラグにグリスを塗る??
塗るならちょっとでいいですよ。間違ってもべたべた大量に付けたり、556付けたりしないよーに。
ただしDENSOのHPによると塗るなと、NGKでも塗れとは書いてないので特に塗る必要はないと思います。俺は塗りません。


11.では同じように組み付けていきますがココでも順番が大切です。
まずは奥からコレ鉄則。
一番やりにくい2番を最初に絶対やりましょう。その後1番、3番、4番と言う順で。1番はいつでもイイです。とにかく2と3を先にやりましょう。
またプラグキャップも間違えずに順番通り入れておくこと。コードに番号が書いてありますよ!

12.締めるときは最初はプラグレンチを手で回すこと!!!
そうしないとエンジンヘッドのねじ切りますよ!!

12.さらに締め付けトルクが重要です。
規定値は:13Nm(1.3kgf・m)ですが、トルクレンチを持ってない人は大体の感じとして、手で締め付けていって回らなくなったらまずはレンチはめます。んでもって軽く回していきます。たぶん多少回ると思います。
でもって少々鈍い感触になってきたら、つまりちょっとだけでも硬くなってきたらそこから180°回します。それで大体規定トルクになります。まだまだ回りそうな感じはしますがそれで十分ですから。
パワーのある人は気を付けてくださいね(¨;)


13.あとはラジエターカバーを付けて終了。
エンジンがきっちり動くか確かめたらOKです。

参考ページ
NGK
DENSO正直DENSOの方がたくさん載ってて勉強になります(^_^)b

エアクリ交換

  • -
  • by admin
  • 2005.06.26 Sunday 01:36
エアクリフィルターの交換についていきまーす♪

交換時期の目安として10,000kmです。街乗り中心ならもう少し早くてもいいかも。
症状としては…
・燃費の悪化。目に見えて以前より悪くなります。

・高回転が吹けなくなります。ニュートラルの時は回りますが、ギアが入っている状態は高回転まで回そうとしてもゴボゴボいって失速してしまうようになります。主に10,000回転以上で顕著に症状がでます。

・アイドリング不安定
・始動性悪化


作業自体は1型2型共通ですが、フィルターのみ異なりますので注意してください。1型は湿式、2型は乾式となります。

・必要な道具は…
ドライバー
プライヤー
12ミリのメガネレンチなど
ソケットレンチおよびエクステンションバー
あとは新品のエアクリフィルターですね。

1.まずはタンクを外しにかかります。シートを外して左右のサイドカバーを外します。
さいどかばー
中央の赤丸部分にあるネジをはずし、カバー全体を持って引っ張り外します。

2.燃料ホースを外します。
左側のカバーを外すと見えてくると思います。
燃料コック
こいつですね。まず長い方のつまみがONまたはRESになっていることを確認してから、矢印のバンドをプライヤーでおろし、ホースを外します。マイナスドライバーを間に入れて徐々に下げていくとイイです。
コレを二本とも行います。

3.燃料系統のカプラーを外します。
車体右側サイドカバーを取ったあたりにあります。ただしこれは2型のみ(厳密にはA5以降燃料系のついてる車種のみ)です。
燃料のカプラー

4.タンク後ろにあるボルトを外します。
写真はありませんが、六角12ミリのボルトを外します。

5.タンクを外します。
タンクとったら
タンクの左右を適当なところで持ち、後ろにゆっくりと引くととれます。そのあとは地面に毛布かなんかを引いてからその上に傷つかないようにおきましょう。
ホースがひっついてくると思いますがそいつも一緒に引っこ抜いてください。
すると写真のようにいじってる感満々にw

6.エアクリボックスのネジをはずします。
エアクリボックス
こいつがエアクリボックスです。赤丸のところのネジをはずします。ちなみに一番下のネジはエクステンションバーを使わないととれません。

7.あとはホースバンドを外します
エアクリ上のとめぐ
この留め具を適当に曲げてホース・メインハーネスを左右によけます。

8.エアクリボックスおーぷん!
エアクリボックスおーぷん
前に押し上げるようにすると開きます。このときこのようにきちんとホースやメインハーネスを左右によけておかないと開きません。
コレってヤツがフィルターね。

9.フィルターを入れ替えます。
えあくり
意外と汚れていないように見えて汚れてるのがエアクリ。当然左が古い方です。

10.あとは元通りに戻すだけ。
フィルターのスポンジ部分をエアクリボックスのふたに挟まないように気を付けましょう。
あとタンクを外したときについてきたホースはこのスペースに※彫り込んでおきましょう。適当にしておくとチェーンに絡んだりしてしまうかもよ(・_-)ビクビク
※写真追加予定
  • -
  • -

このページについて

このページは、

* Baliusのメンテナンスの仕方に関する情報をまとめ

* 個人のWebPageで持っている情報をリンク切れやサイト移動によって失うのを防ぐ



というような目的のもとに、有志によって整備されています。

これらの情報をもとに行われた整備・修理・部品交換・カスタム等の結果を必ずしも保証するものではありません。

作業される際はあくまでも作業者個人の責任において実施して下さい。
  • -
  • -

バッテリー上がり&冬場の押しがけ講座

  • -
  • by admin
  • 2005.06.21 Tuesday 01:28
メンテナンスではないのですが重要な事。



冬場によく起こる現象。「あれっ?エンジンかかんねぇ( ; ゚Д゚)」や、

ふとバッテリーを上げてしまいエンジンがかからなくなった!



こんな経験あるかたいますよね?




そこまでたどり着いちゃったあなたのために!!

エンジン掛けてバッテリー充電してあげましょうv( ̄Д ̄)v

たとえコレを実践して怪我や事故に巻き込まれても、

当方は一切関知しませんので自己責任で。

「バリオス」の押しがけをやってみましょう。

では1人でやる場合(大半はこっちだと思う)

(慣れないうちは汗かきますので薄着でw)




1、キーをONにします。←ココ肝心です(笑)




2、カワサキは仕様でニュートラルから2速には中々入らないので、クラッチを握りながら、

車体をある程度押して2速に入れます。(1以上ならどこでも)このとき車体を倒しちゃわないように注意。



3、2速に入ったらクラッチを握ったまま、押してスピードをつけます。ある程度で結構です。

坂道だと押す手間が省けますのでお勧め。しかし、下りきったときに掛かってなかったら地獄をみます(笑)

下りなら、またがったまま出来るので安全です。



4、で、クラッチのつながるところで「スパッと」クラッチを離すと、正確には半クラ状態です。

「ボボッ」とエンジンが掛かる気配がしますので、クラッチを握って(クラッチ握らないと・・・すっ飛んでいきますのでw)


アクセルを開けてやります。



5、コレで掛からない場合は1から4を繰り返してください。





2人でできる幸せなあなたはコチラ(笑)



1、キーをONにします。



2、一人に後ろから押してもらってクラッチを握りながら、2速に入れます。

(1以上ならどこでも)




3、2速に入ったらクラッチを握ったまま、再び押してもらいます。

坂道だと押す手間が省けます。お勧め。

しかし、下りきったときに掛かってなかったら地獄をみます(笑)



4、で、クラッチのつながるところで「スパッと」クラッチを離すと、正確には半クラ状態です。

「ボボッ」とエンジンが掛かる気配がしますので、

クラッチを握って(クラッチ握らないと・・・すっ飛んでいきますのでw)

アクセルを開けてやります。




5、コレで掛からない場合は相棒にお願いして1から4を繰り返してください。

オイル交換&フラッシング

  • -
  • by admin
  • 2005.06.21 Tuesday 01:22
バリオスを維持していくうえで欠かせない「オイル交換」について書いていきます。
続きを読む>>
1/1